読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MUSIC COLOSSEUM(通常盤) 〜超個人的な感想〜

 

色々と書きたいことはあってもなかなか時間が無く、しばらくはてブ放置(笑)

 

今回は、Kis-My-Ft2のNEWアルバム

「MUSIC COLOSSEUM」がリリースされたということで!

私なりに感じた事を記録しておこうと思いました。

中高と吹奏楽部に所属していたものの音楽のジャンルには疎く、よく分かってない部分も多々あると思いますがお許しを。

 

 

1.Overture 〜Music Colosseum〜

まず、例年のOvertureと違い歌詞がついている。スローテンポなのに力強い歌詞。サイレンの音が、これまでのOvertureとは違った意味で "危険な始まり" を感じさせる。そして最後がShowtime!で終わるこの曲で今年のツアーが始まるのかと思うとかなり胸熱じゃないですか…?!

個人的に1番好きな部分は、玉森くんの「強者も弱者も おんなじHUMAN BEING ひとつになるため」というパート。力強い曲の中で、玉森くんの歌声によってよりピースフルに感じるとても良い歌詞。

 

2.EXPLODE

今回のアルバムリード曲。Tonightの続編。私の中で「リード曲は絶対に裏切らない」という確信はあったものの、それを超えてきた1曲。もしかしたらこのアルバムで最も好きな曲かもしれない・・・。「決められたマニュアルなんてぶち壊して 次の時代を創るのさ」という歌詞が、さすが "この時代のチャンピオン" であるキスマイだなあと。

「3,2,1 EXPLODE」って、初っ端から爆発するの?今回のツアーやばくない?最高すぎない?はい、期待しかないです。

あとこれは、MVのラグビーが元になってるダンス(3連符が心地良い)と、白いもの巻かれてる(衣装)玉森くんが好きなんですよね(マニアック?)

 

3.VersuS

イントロが独特。コンセプトが兄組vs弟組になってる事もあり、ツアーでどんな演出をするのかが楽しみ。高嗣のラップと、「Do it baby!」「Ready to fight!」の掛け合いがいい(掛け合ってるよね?)。静かに燃ゆる炎〜そろそろ始めようRight now、までのソロパートの繋がりも高まる。

「さあ Bring it on!」の後の空白でどんな演出をするのかが個人的な楽しみ(&期待)です。

 

4.いいね!

イントロから幸福感がすごい。「学生さんもOLさんもみんな頑張ってるよ!いいね!いいね!」って励ましてくれる応援歌。テンポが良く、休む暇がないところが ヲタクだったって〜に似ている気がする(カラオケで苦労しそうという意味でw)。月曜!火曜!じゃなくて 月Yo!火Yo!なところ、しぇけしぇけばーでぃ ちぇけちぇけらっちょ ぷちょへんざ が平仮名表記なところが特に好き。かわいい。(みんな今すぐ歌詞カード見て)

サビもキャッチーだし、ライブで可愛く踊るキスマイちゃんが観たーい!C&Rも出来るしすっごく楽しそう!

AKB48恋するフォーチュンクッキーみたいに、沢山の人達とワイワイ楽しそうに踊るキスマイもいいな(MV作って!)

 

5.レッツゴー!!

きたきたレゴ バッドマン・ザ・ムービー!(結局映画は観に行けず・・・)個人的にこの曲もめちゃくちゃ好き。WSで観た組曲の印象が強くて、「7人めっちゃ個性バラバラなのに、1人だけ抜きん出ることも誰かが埋もれることもない、キスマイってすごくハッピーでピースフルなグループだなあ」と思わせてくれる。

「迷い路 立ちすくむ こんな僕も 全てをかけて  守りたいと 思えることがある」というパートがとっても好き♡

(実はまだ組曲の映像も観てないのですが・・・映像観たら印象もまた変わるかな?)

 

6.SEVEN WISHES

INTER収録曲。KISS MY NAGASAKI〜〜!!!CMでも流れ、長崎の駅でも流れていた想い出の曲。 INTERに収録されると知った時はめちゃくちゃ嬉しかったなあ。印象としては透き通った感じの爽やかソングかなと思うんだけど、こんな曲でもカモンカモン言ってるあたりがすごくキスマイ!!!って感じがする(笑)

 

7.優しい雨

北山くんのソロ曲。今回も北山ワールドが炸裂した、他担をも落としちゃうラブバラード。何だろうなあ・・・北山くんの書く詞ってすごくリアリティがあって、難しい表現を使わないからこそ、皆がその世界観に共感しやすいのかな。「仕草が似てたり あくびが移ったり それだけで幸せだったじゃん」とかね。皆が "北山くんの元カノ" になってしまう魔法。

「なぜ僕たちは出会ったの?なんで僕たちは過去なの?」「なぜすれ違ってしまうの?なんで君は頷かないの?」ここは歌詞を読んで初めて「?」がついてて問いかけになっていることを知ったし、なぜ → なんで、って言葉が気持ちが強くなってるのが分かる表現とか、さすが北山くんとしか。

でさ、「遅すぎるのって君は泣くから 唇の動き止めた」って、キスして唇塞いだって事でしょ?北山くんさあ、もうさあ・・・本当さあ・・・(強制終了)

 

8.One Kiss

 なんと言っても玉森くんの低音ボイスでの歌い出し!!ずっとイヤフォンで聴いていたい・・・(病気)。サビに向かって盛り上がる感じがいい。1番のAメロは藤北玉、2番のAメロは舞祭組のソロになってるところが好き。トロピカルハウスをいち早く取り入れてきたキスマイ、さすがこの時代のチャンピオン(2回目)。

(この曲をプロデュースした粋なメンバー誰?!)

 

9.Sha la la☆Summer Time

「追いシャララ」「シャララ狩り」という言葉を生んだ、2016年夏想い出の1曲。ISCREAMツアー初日にローラーで披露した時(みかんネット衣装は置いといて)、一瞬で好きだと思った曲。夏の終わり、やり残した事はないか?ちゃんと燃え尽きたか?と問いかけてくる、明るいんだけど何だか切なくなるメロディーラインで哀愁が漂う。この曲とI Scream Nightを聴くと、一瞬で2016年最高の夏の想い出が蘇る♡

 

10.Camellia

玉森くんのソロ曲。前回のALIVEとは打って変わり、心地良い力強さの応援ソング。初めて聴いた時、福山雅治さんの「虹」のような、マッチの「挑戦者」のような曲だなあと感じた(挑戦者を歌うドリボのユウタが脳裏に浮かんだ)。「誰がなんと言おうと 君は君じゃないか」色んな経験をしてきた玉森くん、今は肩の力が抜けて、とてもいい彼の人間らしさが出てきて更に人気を博していると感じる。そんな彼が歌うからこそ説得力が増す歌詞。彼も少なからず今の自分自身に自信を持てているのかなあと思うと更に胸熱。

Camelliaというタイトルについて言うと、カメリア=椿の花言葉が「控え目な優しさ」「誇り」なるほど、タイトルこそが玉森くんだ。

 

11.Baby Love

ラップが多いけど、サウンドは何となくかわいらしい。ダンスしてるキスマイがふと思い浮かんだんだけど、ツアーではどのへんに持ってくる曲になるかな?と想像するのが楽しい。Bメロが独特。

(説明も感想も述べにくいと感じてしまったので、今後聴き込んで変わること、ツアーでどう印象づくかに期待)

 

12.キスしちゃうぞ

ふざけたタイトルだなあと言うのが正直な第一印象(笑)しかし試聴が始まった時に「な、なんだこの曲…!」と1番思ったのがこの曲。

千賀くんの「キスしちゃうぞ」から始まるこの曲。私には「(早く起きないと)キスしちゃうぞ!」と聞き取れたので、目覚ましにするといいと思う。

そこから曲中に散りばめられるメンバーによるセリフが最高。

玉森くんらしからぬ

「君のハートを頂きます!」(ツアーで聴けたら悶えるやつ)、

聞く度にフフフッとなっちゃう、横尾さんの

「今夜は寝かさないぞ」、

藤ヶ谷さんによるイケボすぎる

「俺はお前を離さない!」、

宮田くんらしいかわいい

「はい、投げキッChu」(「はい」はイケボなのに「投げキッChu」が激カワ)、

全くそんな気なさそうな二階堂くんの

「まだ寝かさないぞ」、

最後は、北山くんの心地良い

「キスしちゃうぞ」で終わります。

セリフの言い方も七人七色、「Na Na Na Na Na...」の繋がりも七人七色でとても良い。かわいい曲!

 

13.Life is Beautiful〜大切なあなたへ〜

藤ヶ谷くんのソロ曲。藤ヶ谷くんのソロ曲はいつもタイトルに藤ヶ谷くんらしさが詰め込まれていて(読めない)ものが多かったけど、私にも読めるタイトルだ!と思ったのが第一印象。

大切な人へ贈るバラード。親とか友達、恋人、誰に向けてでも当てはまる。

ピアノのメロディーと藤ヶ谷くんの歌声が綺麗で、すごく "聴かせる" 曲だなあと。その点では、ソロ曲の中ではLU4Eに近い感じかなあ。

 

14.君のいる世界

INTER収録曲の中で個人的に1番聴いてる曲(どうでもいい)。とにかくMVの玉森くんが美しすぎる白馬の王子様なので皆さんINTER初回B買って観てください。(まだあるよね?)

 

15.Bang! Bang! BURN!

強いアニソン感。こういうスピード感のある曲がキスマイに似合う!こういう曲大好き!

藤北のソロパート(さすが)、舞祭組のソロパート(それぞれに味がある)がいい意味で効いているし、なんと言っても1サビ前の玉森くんのパート!玉森くんの低音ボイスも好きなんだけど、高音パートを歌う少し苦しそうな玉森くんの声がたまらなく好きで(泣)「僕で埋め尽くしてあげるから」とか何事(泣)

戦隊モノやアニメを連想させるような、疾走感のある曲。花丸!!!

 

16.r.a.c.e

曲調はダンスナンバー。歌詞は恋愛をレースに例えている感じかな?この曲、どうやら千賀くん振り付けらしいです。ライブでの期待値が1番高い曲。WORLDのFOLLOWくらい期待してる(FOLLOW大好きマン)

皆さん仰ってますが、KAT-TUN感が強い。この曲を作曲されたSTEVEN LEEさんという方、KAT-TUNの「N.M.P」や「NEVER AGAIN」を作曲された方なんですね。ずっとKAT-TUNの背中を見てきたキスマイだからこそ、世界観が上手く表現出来ているなあと感じた1曲。

 

17.Tonight

このアルバムの最高潮はこの曲だと思う。シングル曲ながら、このアルバムのリード曲(EXPLODE)へと繋がる曲。何を隠そう、今年のライブ、"INTER" に強い意味があるとのこと。鍵を握るのはこの曲なんじゃないかと。シングル曲中心、って、INTERがあるからですよね?北山くん?(うざい)

 

18.Dream on

アルバムの最後に相応しいなあと思った曲。終わりを感じさせるような、でもまだ続くような。どこかに切なさを感じる。

Wow oh oh... の部分をライブで皆に歌ってもらうことで初めて完成する曲、皆の「Dream on」が必要だって、エイベさんのスタブロに書いてましたね。アルバムだけではまだ出来上がっていない、皆が参加することによって完成する「Dream on」を想像するだけで胸が一杯になるよ・・・

これは、間違いなく2017年夏の想い出の1曲になると確信しました。

 

 

以上、ただただキスマイが好きなド素人が、アルバム発売から約5日間聴いた感想です!

きっと、ツアーを通してイメージが変わったり、「そういうことか!」とわかる曲が沢山あると思う。(去年のPSYCHOはいい意味で裏切られたからなあ・・・)

それも楽しみに、まだまだアルバムを聴き込みたいと思います♡

 

 

ツアー初日まで、あと6日!

 

 

http://blog.hatena.ne.jp/-/odai/10328749687243858894:title=お題「Kis-My-Ft2「MUSIC COLOSSEUM」レビュー」]